新着記事

ビズリンク・セミナーを開催しました

掲載日:2019.09.12.

内容:株式公開の要諦-資本市場を活用した経営-
日時:2019年9月10日(火)14時~17時
会場:TKPガーデンシティPREMIUM広島駅北口

 

 

 

 

 

 

RPAホールディングス株式会社代表取締役の高橋知道氏をお迎えし、

RPAの現在と将来などについてお聞きしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

【第1部】資本市場を活用した経営

高橋社長と弊社代表取締役の藤井によるディスカッション形式により進められました。
2018年3月に東証マザーズへ上場、その1年後の2019年3月に東証一部へ市場変更されたRPAホールディングス株式会社ですが、

株式公開に至るまでの経緯や公開準備の苦労話などをお聞きしました。

また、多数のステークホルダーとの関わりを持つようになる公開企業の経営者としての心得を聞くとともに、

これから株式公開を目指す経営者へのメッセージをいただきました。

 

 

 

 

 

【第2部】AIとRPAで自動化されたその先の働き方について
 
第4次産業革命の真っ只中といわれる今日において、AIやRPAによって人間の仕事が奪われるのではないかとの声が聞かれます。

自動化された先にはどのような働き方があるのかについて高橋社長のお話を聞きました。

 

 

仕事とは「社会的課題の解決」であり、決して「作業」ではないということ、あらゆるルーチンワークが自動化された先にはルーチンワークから解放された人間はより高度な課題解決が求められるということを学びました。また、中国における先進的なフィンテックの事例が紹介され、今後あらゆる産業の再定義が行われるとのこと。さらに、RPAのデモンストレーションが行われ、RPAの業務処理スピードの速さや自動化による効果の大きさに驚かされました。